就任祝いの贈り方・マナー

就任祝いに贈る事のある比較的ポピュラーな品物の一つとして、胡蝶蘭が挙げられます。
まず、胡蝶蘭はあまり匂いがしないと言うのが利点と言えます。
匂いの強い花を贈ると、それを先方が煩わしく感じる可能性等もあると思います。
また、花を飾ると言う時に花粉を気掛かりだと言う場合も考えられますが、
胡蝶蘭の花粉は比較的控えめであるとされています。
更に胡蝶蘭には幸運が飛んでくると言う幸先の良さを感じさせる花言葉があり、
胡蝶蘭の姿も見栄えのする物であると思います。
就任祝いに胡蝶蘭を贈る場合には、立札を付ける事になります。
立札には祝御就任等の言葉と贈る側の名前等も記載するようです。
加えて、贈り先の名前も記述する場合があったりします。
胡蝶蘭に付ける立札には誤字等を含めて、間違えない様に注意します。
胡蝶蘭を扱っている店舗によっては、立札に関しても対応してもらえる場合もあります。
他にも、胡蝶蘭を就任祝いに贈る時にあまり低額の物してしまうと見た目の嵩が不足してしまう事が考えられます。

それによって、見栄えが欠けてしまうケースもあるので気を付ける事が大事です。
就任祝いに贈る場合の胡蝶蘭の相場と言う物もあるので、確認をしておくのも大切だと思います。
取引先に胡蝶蘭を贈る際の相場は2万円から5万円程だとされています。
親族に贈る際には1万から3万円程で、友達等には1万円から2万円程が相場です。
ちなみに、こちらは相場なので胡蝶蘭を贈る相手との関わりによっては、より高額の物を贈る場合もあります。
就任祝いとして、胡蝶蘭以外の品物を贈る場合もあります。
就任祝いに胡蝶蘭を贈る場合もそうでない場合もマナーを守る様に気を付けたい所です。

就任祝いには5本立ち胡蝶蘭がおすすめです。

5fd-p 5fd-r

就任祝いの胡蝶蘭はこちら
http://www.kochoran.ne.jp/assumption/

就任祝いの立札の書き方
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1467438224